社協なんでも質問箱


Q.民間? 役場と社協は違うのですか

はい、違います。
民間の、けれど、極めて公共性の高い、社会福祉法人です。公共性が高いというのは、地域福祉の推進がその使命だからです。                                  ページTOPへ

Q.地域福祉とは

「困ったときは身近な人どうしで支えあう」「できることは自分たちで」そんな地域の関係を大切にしながら支えあいの仕組みづくりをすること人と人、団体と団体、地区と地区をつなげることまた、既存の福祉サービスでは対応できない、地域に根ざしたサービスを行なうことなどです。   ページTOPへ

Q.社協といえば介護保険でしょ?

はい、富士見町社協は現在、介護保険サービス事業所として充実した事業を行なっています。
お年寄りの強い味方=富士見町社協というイメージが定着しているのは大変有難いことです。
高齢者介護の具体的な事業についてはこちらをclick
でも、それだけではありません。社協は高齢者だけでなく、障害者や子育て中の家庭などを含めた社会的弱者、ひいては、広く富士見町の住民のために暮らしの喜び、暮らしの安心、暮らしの喜びを支えます。                                               ページTOPへ

Q.そんな社協の財源は?

社協を支える財源は
  ●みなさまからご協力いただいている社協会費
  ●町からの補助金
  ●共同募金の配分金
  ●配食サービス事業等のよる受託金
  ●寄付金
  ●独自事業収入(介護保険・障害者自立支援事業)
などです。
ありがとうございます。                                      ページTOPへ

Q.社協会費って何?

社会福祉協議会は、富士見町における社会福祉関係事業、その他の社会福祉を目的とする事業の健全な発展及び社会福祉に関する活動の活性化により、地域福祉の推進を図ることを目的としています。
そこで、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせるように、福祉のまちづくり活動として、ボランティア活動や地区社協の活動へ住民の皆さまが参加し支え合う地域活動、またその財源を支えることも大切な住民参加の機会のひとつとして、毎年6月〜7月に皆さまのお住まいの区・集落組合などを通じ、会費の納入をお願いしています。区等に加入していない方等は、社協に直接納めていただけると幸いです。
※社協会費を納めていないと、社協独自の事業である
     『有償在宅福祉サービス』
     『福祉車両の貸し出し事業』  については、サービスが受けられません。
<会費の主な用途>
※地区社協活動などの地域福祉活動推進のための助成
※地区の敬老事業への助成の一部として
※福祉団体育成・活動のための助成
※有償在宅福祉サービス事業の経費
※福祉車両貸出事業等の経費
  普通会費は通常会費。
  また、社協の活動に強く賛同いただける皆さまには賛助会費を。
  会社・事業所・団体等の皆さまには、特別会費の納入をお願いいたします。
    普通会費 1,000円
    賛助会費 2,000円
    特別会費 3,000円
  趣旨をご理解のうえ、多くの皆さまに会費の納入をお願いいたします。
  社協会費に関するお問い合わせ先/
  富士見町社会福祉協議会 総務管理係 0266・78・8988              ページTOPへ

Q.なぜ共同募金を社協が集めるの?

共同募金は毎年10月1日から12月31日まで全国の都道府県を単位として行なわれる募金運動で、主催は共同募金会です。
民間の活動ではありますが、半世紀の歴史を有し、公益性、公共性の高い運動です。
富士見町社協はこの運動を行なう長野県共同募金会富士見町支会の事務局を担当しています。
そのため、区や集落組合を通じての個別募金や会社、法人、事業所を訪問しての寄付を呼びかけています。
募金が直接、社協に入るわけではなく、みなさまから集められた募金は全額、県の共同募金会へ送金します。
共同募金会の配分委員会では集められた募金を社会福祉施設や福祉活動団体の行なう各種福祉事業のために配分します。
たとえば、町社協では、ふれあい会食事業 申請団体に対する助成や福祉施設、共同作業所 等で使用する車輌、備品の整備に使っています。
募金は全くの任意ですが、共同募金に協力することは地域のみなさまが地域を支える活動のひとつであることをご理解いただき、ご協力をお願いします。

共同募金に関するお問合せ先/富士見町社会福祉協議会 総務管理係 0266・78・8988
                                                    ページTOPへ

Q.ところで、社協ってどこにあるの?

はい、富士見町社協の事務局はふれあいセンターふじみの中にあります。
総務管理係 0266・78・8988 と
地域福祉係(富士見町ボランティアセンターを兼ねる) 0266・78・8986に
分かれています。
富士見パノラマスキー場のふもと、ふれあい温泉を目指してきてください。

介護保険事業は同じくふれあいセンターに
介護支援(ケアマネージャー) 0266・78・8987
ふれあいデイサービス 0266・62・6762
ふれあいヘルパー 0266・61・1013
清泉荘デイサービスセンターに
清泉荘デイサービス 0266・61・8210
清泉荘ヘルパー 0266・61・8211
があります。
その他、富士見町地域活動支援センター「赤とんぼ」も町からの委託を受け、社協が運営しています。
                                                    ページTOPへ

Q.その他、素朴な疑問何でも答えます

うちのおじいちゃん、ふれあいのデイサービスにとてもお世話になった。
介護のために役立ててほしいと思い、遺志金を持っていきたいのだけれど、いつ、どこに行けばいいのかしら。

ありがとうございます。
遺志金、及び、ご寄付についてはふれあいセンターの事務局へ
平日9時〜5時の間に持参していただくと間違いがないかと思われます。
ご意向に添って、社協だよりへの掲載等をいたします。
町の福祉のために大切に使わせていただきます。

介護の現場では清拭の布がたくさん必要だと聞きます。そんな寄付もあるんだなと思い、要らなくなった服などを切って持っていこうかと思うのですが、どのくらいに切るのがいいのかな。介護の経験がなくて、わかりません。


ありがとうございます。
清拭布はあまり小さく切らず、手のひら大が助かります。
布は、男性のワイシャツ、シーツや浴衣の古くなったの等が使いやすいですが、柔らかいものなら何でもOK、ジーンズの生地などは不向きです。きれいにたたまず、どさっと大きなビニール袋に入れていただいたほうが取り出しやすいです。                               ページTOPへ

Copyright(C) fujimimachishakyou All Rights Reserved.